本文へ移動

商品紹介

大陽ビニール工業株式会社は、日本の医療、通信、建材、自動車産業のものづくりに貢献すると共に幅広い分野でお客様の生活を多彩にサポートする高品質なコンパウンドを提供し続けます。

我々は日々進化し続けるお客様のご要望を常に把握し、そのご期待に応える多品種・小ロット・短納期の製造に対応しています。
医療用コンパウンド(一例)
医療機器用コード(一例)
当社では、血液バックや血圧計等の医療機器用コードを主に製造しています。
電線用コンパウンド(一例)
海底ケーブル(一例)
当社では、ネットワーク社会の要となる通信ケーブルや海底ケーブルまた電線コードの被覆材となるコンパウンドを製造しています。
建材用コンパウンド(一例)
建材用床パネル(一例)
建材分野では、快適性・機能性・利便性が求められると共に美しさも求められます。
当社では、これらのニーズを踏まえ、水回り、玄関回り、壁回りなどの各分野で成形のし易い確かな品質のコンパウンドを製造しています。
自動車用コンパウンド(一例)
車のサイドモール(一例)
当社では、自動車用マットやサイドモールなどを中心にお客様のニーズに対応した多品種のコンパウンドを製造しています。
産業資材コンパウンド(一例)
工業用ホース(一例)
生活日用品としては、靴底やホースの耐久性に不可欠な塩ビコンパウンドの製造、そして工業用として優れた成形のしやすさといった特性を生かしたコンパウンドを製造しています。

RoHS対応塩ビコンパウンド製造ラインの増設

2016年RoHS対応の塩ビコンパウンドを専門に製造する生産ラインを増設しました。
EU諸国では2003年2月にEU官報に告示されたRoHS指令で指定された6物質郡(鉛、水銀、カドミウムなど)を含有する製品は規制対象となり、2019年7月よりRoHSとして新たに4物質が追加規制対象となりました。
 
当社で製造されたコンパウンドを使用する最終製品がEUの厳しい環境基準に柔軟に対応できるように当社はいち早く製造プロセスの多様化に着手しました。また欧米はもちろん、TPP加盟国での需要もあるため、世界のどこで使用されても問題が無いよう、グローバル基準に対応しております。
 
様々な業界で環境負荷物質対策は不可欠であり、今後も環境に配慮したものづくり開発を今後も進めてまいります。

リサイクルコンパウンド

2019年8月より新たな経営革新として、岩槻工場でリサイクル事業を立ち上げ、廃棄材料を用いた当社独自の‘'エココンパウンド’’の開発に着手しました。現在、当社のエココンパウンドに対するお問い合わせにつきましては、岩槻工場再生事業部鹿田宛(048-798-9641)にご連絡下さい。お問い合わせいただきましたお客様にはエココンパウンドのサンプル品を無料で差し上げます。
TOPへ戻る